国宝100

日本美術史上最高ユニット、宗達&光悦のベストセッション!

 身分も資産もある家柄の出身者が多く、生没年を含めたバイオグラフィーが書きやすい琳派の絵師たちの中にあって、その起点となった俵屋宗達に関してだけは、一通の手紙を例外として、きれいさっぱりなんの記録も残っていない。人気はあってもは一介の町絵師だから、というのがその理由とされているが、「法橋」という、絵師としては最高級の称号(文化勲章のみたいなもの)を朝廷から受け、養源院のような格式ある寺院の障壁画の仕事をしているのだから、ステイタスから言って履歴が残っても不思議ではない。

そこが「謎の絵師」たる所以だが、ともあれ、天下の趨勢が定まり、世の中が戦乱からの解放感に酔いしれていた慶長年間(1596〜1615)、賑わう京都市中で名を取り沙汰されていたのが、町衆と呼ばれた商工業者たちを主な顧客に、扇の絵から掛軸、色紙、屏風までを売る、「俵屋」と号した絵屋の主人、宗達であった。

 対する本阿弥光悦は、室町時代から刀剣の研磨、鑑定、浄拭を家業としてきた本阿弥家の出身である。阿弥という名字は、芸能や文化のコンサルタントとして室町将軍に仕えた側近たちが名乗ったものだから、本阿弥家も豊かな「文化資本」を蓄えた家柄だったに違いない。そういう家に生まれ育った光悦が評判を取ったのは、まず書であり(寛永の三筆!)、次いで茶碗であり、蒔絵であり、豪商角倉素庵と共同で企画した、嵯峨本と呼ばれる古活字本の出版事業であった。

この光悦の書から起こした木活字を刷る、華麗な料紙を制作したのが、宗達率いる俵屋スタジオである。互いの資質を認め合ったハイブロウな目利きの文化人と街場の天才は、以降コラボレーションを繰り返した。宗達が金銀泥で草花や動物を描いた大胆な下絵を差し出せば、光悦はその絵に呼応する和歌を選び、豊麗な書で応える。あたかも野放図な天才投手を名キャッチャーがリードして、三振の山を築くがごとき仕事ぶりなのである。

 この日本美術史上最高ユニットによるコラボレーションの白眉こそ、銀色の鶴の大群が乱れ飛びながら舞い上がり、列をなして海を渡り、軽やかに舞い降りていく──まるで連続写真を見るように、14m近い巻子に圧倒的な迫力で展開される『鶴下絵三十六歌仙和歌巻』だろう。下絵を見て触発されたものか、光悦の筆もいつも以上に抑揚に富んでいる。

ぜひ全巻を通してご覧いただきたいのだが、下絵のリズムと文字とをややずらすように書くことで、光悦は画面全体に奥行きを生み出している。練達のミュージシャンによるジャズのセッションのような競作を数々ものしてきた二人、時にバランスを崩した作品もあるが、本作はその現存最高の「ライブ音源」なのだ。

『鶴下絵三十六歌仙和歌巻』34.0×1460.0cm、紙本金銀泥、17世紀前半、京都国立博物館蔵

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「日本の国宝」連載が始まりました。

Web magazine 幻冬舎でも「日本の国宝」の連載が始まりました。

初回は尾形光琳『燕子花図屏風』。こちらでの連載と『ポンツーン』で続いている同名連載、さらに描き下ろし分をまとめ、最終的に幻冬舎新書から刊行予定です。

刊行時期は…今秋(目標)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[国宝100]第2回 平等院鳳凰堂:極楽浄土のテーマパーク

 「前の戦争で焼けまして」の「戦争」が、第二次世界大戦ではなく応仁の乱(1467年)を指す、というのは、有名な京都ジョークのひとつだが、11年にわたって続き、戦国時代へ向かう契機となった内乱が京都にもたらした破壊は、実際第二次大戦の比ではなかったらしい。

洛中は兵馬に踏みにじられ、住人は逃げ去り、王朝以来の堂宇はことごとく灰燼に帰した。そんなわけで、京都市内には応仁の乱以前の建築がほとんど存在しないため、「空間ごと平安時代」を体験するには郊外へ足を伸ばさなければならない。

 王朝貴族にとっての宇治といえば、クルマ(牛車)で遊びに行く人気の避暑リゾート。万葉の時代から「八十氏河(やそうじがわ)」と詠われ、幾筋もの支流が流れる景勝の地、また水陸交通の要衝として発展してきた。

6人の娘を宮中に送り、3代の天皇の外戚として位人臣を極めた平安時代随一のパワーエリート、藤原道長の別荘もここにあった。しかし頂点に達したものは、やがて凋落する。そればかりでなく、当時の貴族たちの間に蔓延していた末法の世(釈迦の死後、その教えが効力を失うとされた暗黒時代)の到来に対する恐怖感も相まって、道長の子・頼通は、まさに末法元年と考えられていた1052年、ゴージャス別荘を寺にあらため、平等院と号した。その中心となるのが阿弥陀如来像を安置し、翼を広げた鳳凰にも喩えられる阿弥陀堂である。

 とかく弱い生き物である人間は、仏教についても現世の問題の解決には密教、来世の極楽往生を託すのは浄土教と、多様な教えを時と場合によって使い分けていた。浄土教の基本は念仏、といっても唱える方はごく一部で、メインは「極楽浄土のイメトレ(=念仏)」にある。

華麗な装飾に彩られた仏堂と、その周囲に清らかな池水を配した浄土庭園は、お手軽な「見るだけ浄土」として京都中の貴族の屋敷を席巻したが、平等院のそれは規模も意匠もカネのかけ方も、ぶっちぎりナンバーワン。「極楽いぶかしくば、宇治の御寺をうやまえ(極楽浄土の存在を疑うなら、平等院にお参りしなさい)」と童歌にも詠われ、まさに浄土のテーマパークとして宇治の川辺に威容を誇ったのだ。

かつてこの寺で撮影を行った土門拳は、仕事を終え、ふと振り返った阿弥陀堂の背後を染める夕焼けと、屋根の上から今にも飛び立ちそうな鳳凰像とに息を呑み、一度は片づけた大判カメラを慌てて構えたという。その時残したのが、「仏像も建築も風景も疾風のような早さで走る」という言葉だ。鳳凰堂の前に広がる阿字池の水面には、走り去った浄土の残像が今も静かに漂っている。

1053年、4棟(中堂、両翼廊、尾廊)、平等院蔵

※掲載記事は公開開始から1ヶ月を過ぎると、タイトル表示のみとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狩野光信、桃山のヴィジョン。

ちょうど狩野永徳の話を書いた後で、永徳の息子・光信の障壁画(国宝)を撮影する機会に恵まれた。

大徳寺聚光院方丈にはかつて、狩野永徳による襖絵(国宝)がめぐらされており、桃山時代の建築空間に、同時代の障壁画、という組み合わせを体験することができた(基本的に非公開)。ところが2007年、狩野永徳展を前にレプリカが制作され、オリジナルは収蔵庫保管となってしまう。貴重な作品をより良い状態で保存するにはやむを得ない仕儀、といわれればその通りだが、桃山の空間をそのままに経験する機会が減っていくのは、残念と言わざるを得ない。

スキャン&印刷技術の発展によって、京都に限らず、あらゆる場所で複製画との「置き換え」が進んでいる現在、桃山時代の建築の中で、同時代の障壁画を観ることができるほとんど唯一の場所が、この園城寺勧学院なのである。

琵琶湖畔に建つ天台寺門宗園城寺は、飛鳥時代まで遡る創建の伝承を持ち、858年、比叡山で「顕密を習学し、他宗を博覧し、才藻倫を超え、智略尤も深し」と称えられた円珍和尚が、唐から請来した膨大な経典、法具を納めるべき新天地として再興した寺。

天台教学では抜きん出ていたものの、密教に関しては高野山に後れを取っていた比叡山が、一気にそれを取り戻すことができたのは、ひとえに円珍の功績による。延暦寺別院として再興された園城寺は、この密教修験の一大センターだったのだ。

勧学院客殿は学問を講じる場として1600年に建築された。その内部の障壁画を描いたのが、桃山画壇の覇者・狩野永徳の息子、狩野光信である。

複雑に交差した金雲と、その合間から姿を覗かせるすっきりとした木立ちが、父・永徳とは異なる繊細優美な抒情を湛えて、薄闇の中に浮かび上がる。その襖を引き開ければ、また次の間、次の襖が幾重にも重なり合って、光のレイヤーを作り出していく。この時代の金碧障壁画が建物ごと残っている勧学院でなければ体験し得ない、リアルな桃山の「視覚」そのものだ。

今回の撮影に立ち会って下さったのは、執事補の小林慶吾さん。千宗屋さんの高校時代からの友人で、現在園城寺の文化財の管理、補修等を担当されている。先日の台風で京都〜滋賀一円の古社寺が相当な被害を受けたため、今後しばらくは檜皮の奪い合いですわ、と苦笑いされていた。また勧学院の蔵には質素な文机が相当残っているとのこと。これは勧学院が学問所として機能していた当時の「什器」らしい。

撮影終了後、31年に1度の公開となる秘仏如意輪観音像が公開中(〜11月30日、2010年3月17日〜4月18日)とのことで、観音堂へ参拝した。拝観者に説明をしているお坊さんに見覚えがある。……と思ったら、前回勧学院を撮影したときの担当者、梅村さんだった。

大きなお寺ではお坊さんも部署を異動していく。現在、釈迦堂の解体修理を担当している小林さんが園城寺の長老として采配をふるう頃、また古建築の大規模な解体修理がめぐってくるだろう。その時、若手に「あーせい、こーせい」と指導し、文化庁との折衝ノウハウを伝えていけるよう、古寺は数十年単位で人事の見通しを立てている。千年以上にわたって存在し続けてきた組織の行政テクニックは、そこらの「近代国家」や「一部上場企業」など及びもつかない足腰の強さを持っているのである。

園城寺勧学院 特別拝観の要領(園城寺公式HPより)

特 別 拝 観
(3名様より承ります)
光浄院客殿勧学院客殿の一般公開は致して
おりませんが、特別拝観をご希望の場合は、
下記の申し込み要領にて当山までお申し込みください。

(1)特別拝観志納金
入山志納金とは別に、光浄院、勧学院とも各600円
(一人)
が必要になります。
※各客殿とも当寺の者がご案内いたします。
※授与品として絵はがき2葉が付きます

(2)特別拝観の申し込み方法
下記の項目を明記の上、往復ハガキまたは特別拝観
申込書にてお申し込みください。
1.住所
2. 氏名(団体名・代表者)
3. 連絡先・電話番号
4. 人員数
5. 拝観希望日時(第2希望までご記入ください)
6. 拝観場所(「光浄院客殿」、「勧学院客殿」、
  または「両方」とをご記入ください。)

※拝観時間は9:30〜15:30
※3名様以上に限りますのでご注意ください。

(3)申し込み宛先(お問い合せ先)
〒520-0036 滋賀県大津市園城寺町246
園城寺(三井寺)事務所(特別拝観係)

TEL 077-522-2238
FAX 077-522-2221

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国宝100、試行公開。

予告どおり、「国宝100」の第1回を公開しました。初回は狩野永徳『洛中洛外図屏風』です。

地元米沢での公開はゴールデンウィーク、そして秋の2回が定例ですが、ちょうど現在公開中ですので、タイミング的にもいいかな、と。京都国立博物館「日蓮と法華の名宝」展では、この作品に先行する歴博甲本『洛中洛外図屏風』が出品中(国立歴史民俗博物館蔵、10/10~25)ですので、見比べてみるのも興味深い経験でしょう。

この『洛中洛外図屏風』とはなにかとご縁が深く、かつて『AERA』で連載していた「ART BIT」では、本作を本歌取りした会田誠『紐育空爆之図』と、オリジナルとを右左に置き合わせて撮影したことがあります。その後、『BRUTUS』国宝特集の際にも撮り下ろしをご許可いただいたり(残念ながら立ち会えませんでしたが)、先日サントリー美術館の展示でも再会したりと、気がつけば毎年のように顔を合わせている作品です。

ブログ上では『ポンツーン』誌上で既発表のもの、また今後『ポンツーン』誌上には掲載しないものを、公開していきたいと考えています。ただ最終的に新書にまとめるものですので、「出しっ放し」というのも憚られます。現状、公開開始から1ヶ月程度で本文非表示とし、タイトルだけリスト的に残していく形にしようかなあ、と。

とりあえずは書きながら、いい形を探りたいと思ってます。国宝マラソン、沿道からのご声援が頼りですので、どうぞよろしくお願いします。ドリンクの差し入れなど、心待ちにしております。ぺこり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[国宝100]第1回 天下人の間を揺れ動いた、「ミヤコの肖像」。

狩野永徳『洛中洛外図屏風』16世紀

Rakuraku_gazo_4

室町幕府から織田信長、豊臣秀吉、そして徳川幕府へ。変転する時の政権をパトロンとして、約400年の長きにわたって日本の画壇に君臨した、世界でも類を見ない絵師集団こそ、狩野派である。

幕府や内裏、大名たちの居所を飾る障壁画を中心としたいわば「公共工事」を大人数で手際よく、しかも高いクオリティで施工するゼネコン的な活動を真骨頂として、狩野派は画壇の「華麗なる一族」へと成り上がった。とはいえ、組織力と権謀術数だけで成功できるというものではない。天才2代目、異才4代目、秀才6代目と、なぜか隔世で出現したスタープレイヤーたちが、盤石の基盤を築く。中でも突き抜けた才能を持ち、狩野派を「天下画工の長」へと押し上げた最大の功労者こそ、4代目の超絶天才、狩野永徳である。

しっかり者で絵もメチャ上手い2代目、元信が幼い頃からその才能を見抜き、将来一門の長とするために、厳格な長子相続の掟を曲げてまでその父である凡庸な三男に跡を継がせた、大本命の孫。父を差し置いて祖父から絵の手ほどきを受けた永徳は、わずか10歳で元信に伴われ、これも17歳の若き将軍・足利義輝のもとへ挨拶に赴いたという。

その多くが戦火の中で失われた永徳の作品は、描かれた年代まで特定できる真筆がごく少ない。それが近年、天正2年(1574)春に織田信長から上杉謙信へ贈られたことで知られる『洛中洛外図屏風』が、長い論争を経て永徳23歳(1565)の作と確認された。

恐らく注文主は幼い永徳と謁見した足利義輝。しかしその完成を待たずに義輝が戦死したため、行き場を失った屏風は9年の歳月を経て、天下人となっていた信長に永徳から献上され、さらに都を掌握する信長の権威の象徴として、上杉謙信に下賜されたというわけだ。

初めての出会いが天正2年以前のいつであったかはわからないが、いずれにせよ永徳の筆の冴えは信長の目に留まった。沈み行く室町幕府から次の権力者へ「お乗り換え」を成功させ、狩野派発展の礎ともなった絵に、永徳は京都の市中(洛中)と郊外(洛外)、そこで営まれる暮らし、風俗、生業を2485人もの人物とともに生き生きと描き込んだ。永徳自身がそうであったように、時の権力に翻弄された都は、黄金の雲に包まれ、今も光り輝いている。

狩野永徳『洛中洛外図屏風』16世紀後半、紙本金地着色、六曲一双、各159.5×363.5センチ 米沢市蔵

米沢市上杉博物館
国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示
(米沢 愛と義のまち 天地人博2009)
会期:平成21年10月10日~11月6日
会場:米沢市上杉博物館企画展示室
山形県米沢市丸の内一丁目2番1号
TEL 0238-26-8000 FAX 0238-26-2660

※掲載記事は公開開始から1ヶ月を過ぎると、タイトル表示のみとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)