« ワールドアパートメント・ホラー | トップページ | 婦系図。 »

ベネッセアートサイト直島Webリニューアル中。

日本美術、と銘打ってはいるけれど、現代美術からまったく離れてしまっているわけでもない。何人かのアーティストとの、形になった仕事、進行中の仕事がぽつぽつある中で、これから面白くなりそうなもののひとつが、ベネッセアートサイト直島のウェブサイト・リニューアルの仕事である。

増築に増築を重ねた結果、「これホントに消防署からマル適マークもらってるの?」的な迷宮状態になっている旅館を時々見かけるが、リニューアル前のサイトがまさにそんな感じだった。第1期リニューアル工事(?)は、この迷宮状態を解消し、必要な情報にスムースにたどり着けるよう、整理することから始まった。

アートディレクションは原研哉氏、制作は日本デザインセンターのWebデザイン研究所、コーディネーションとテキスト担当は橋本麻里。ビジュアルはこれまで蓄積してきたものも生かしつつ、撮り下し部分は森本美絵さんにお願いした。

原氏のディレクションの要諦のひとつは、必要十分な情報が適切に配置された「地図を生かす」ということ。それがオープニングの世界の中の日本、日本の中の瀬戸内、瀬戸内の中の直島、というアニメーションから、島内の詳細な地図へ、という構成に反映されている。

現在公開されているのは、リニューアル後、数度のマイナーチェンジを経たバージョン。使いやすく、すっきりはしたけれども、ややスタティックに過ぎるのでは、という意見もあり、もう少し「現代」美術らしいライブ感や、ある種の猥雑さもほしいということで、「別腹」としての新しい連載企画を検討中なのである。

先日の東京での打ち合わせでは、連載企画の他にも実現したらめっちゃ面白いだろうなー、というアイディアが上がっている。本ブログ読者の方にも少なからぬ直島ファンがいるものと思うので、ウェブサイトに望むことや、現サイトの使い勝手についての感想、こういうアイディアはどう? というご提案などあればぜひ、お知らせいただきたい。

ちなみにまったくの偶然だが、原氏とベネッセホールディングス会長の福武總一郎氏は、小学校、中学校、高校までまったく同じコースという、同郷の先輩後輩関係。そのことを互いに知ったのはウェブのリニューアル後、初顔合わせの席で、だそうだ。

|

« ワールドアパートメント・ホラー | トップページ | 婦系図。 »

仕事」カテゴリの記事

現代美術」カテゴリの記事

コメント

あちこち寄り道したくなるサイトでした!お写真も興奮させられます。シンプルでかっちょいい地図にも意欲が出ました(旅心の)が、「I●(ハート)湯」が相当気になっております(笑)。
見聞きはしていても実はまだ一度も訪れたことがありません。でも、やっぱり一度は行ってみたいなあーとまたひとつ楽しみができました。神戸からだと日帰りも可能なんですが、やっぱりあのホテルに泊まってみたいなあ、なんて(しみじみ)。
余談ですが、あおやまの初めてのバイトは「進研ゼミ」の国語と社会の赤ペン先生でした(笑)。

投稿: あおやま | 2009年10月19日 (月) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547556/46467548

この記事へのトラックバック一覧です: ベネッセアートサイト直島Webリニューアル中。:

« ワールドアパートメント・ホラー | トップページ | 婦系図。 »