« 編集ワークショップ補完計画(2) | トップページ | 古典の高峰『源氏物語』で遭難しないための「登頂ガイド」。 »

エミール・エルメス賞2011

以下、エルメス財団による「エミール・エルメス賞2011」の告知(日本語版)を引用掲載します。

エミール・エルメス賞2011 開催のご案内 《応募受付》開始いたしました

エルメス財団主催によるデザイン・アワード『エミール・エルメス賞』は、第2回開催にむけ、全世界のデザイナーの方々、デザ インを志される方への応募を開始いたしました。 『エミール・エルメス賞』は、同時代の造形美術をサポートする活動の一環として、3年に1度の開催を掲げ、2008年、財団発 足と同時に第1回目を迎えました。ヨーロッパ諸国のみを対象としていた前回から、第2回の2011年は、審査委員長に世界的 に活躍する建築家、伊東豊雄氏を迎え、日本を含む全世界へと参加地域を広げ、オンラインでインターナショナルに展開い たします。世界の多様な文化の中で育まれ、また革新されてゆくデザインを問うことは、本賞が目指す「物の意味」の多義性 を問うことでもあるのです。

『エミール・エルメス賞』は、40歳以下の造形美術やデザイン分野で活躍をする方々に開かれたアワードです。 ひとつのテーマをめぐり、多くの若きデザイナーのオリジナルで新鮮な発想を、募集いたします。 本年度のテーマは「HEAT, ME-HEAT, RE-HEAT(熱する、暖まる、温め直す)」。 歴史をさかのぼること40万年ほど前、人類が最初に炉を構えたころより人間は社会生活を歩むようになりました。火は夜に 光を与え、冬に夏の暖を与え、人類が移住できる場所を増やしました。その後、火は食料の煮炊きや道具の製作など、人間 の生活環境にどれだけ貢献したことでしょうか。

2011年は、作品コンセプトやテーマへの深い考察はもちろんのこと、現代から未来へと繋がる社会のニーズに呼応し、地球 環境への配慮までをも含んだデザインを歓迎いたします。従来のエルメスならではの手作業や専門的な工業技術への深い 理解に加えて、今回は制作・流通の段階での環境に優しいアプローチも評価の対象としてゆく所存です。 尚、今回は、応募から最終展示まで、全てオンラインにての開催(http://www.prixemilehermes.com)を予定しております。

まずは、『エミール・エルメス賞2011』応募概要を皆様にはお知らせいたしますとともに、 公式サイト(英・仏)のご案内を別紙の通り申し上げます。


応募受付期間: 2010年9月15日~11月30日 審査委員長: 伊東豊雄氏 (建築家)
テーマ: HEAT, ME-HEAT, RE-HEAT

賞金:
一等賞 -------------------------------------  50,000ユーロ
二等賞 -------------------------------------  25,000ユーロ
三等賞 -------------------------------------  15,000ユーロ

スケジュール
2010年9月15日 ~ 11月30日 ---------------------------- オンライン(http://www.prixemilehermes.com)申込受付
2010年12月1日 ~ 2011年2月15日  ----------------------- 企画・デザイン提出(オンライン)
2011年3月中旬    ------------------------------------------- 審査員による最終候補作品選考会議
2011年3月31日    ------------------------------------------- 最終選考作品の発表 
2011年4月1日 ~ 6月30日 -------------------------------- プロトタイプ(試作品)制作

2011年6月30日-------------------------------------------- プロトタイプを財団に送付(必着)
2011年7月-------------------------------------------- プロトタイプの最終審査会議
2011年10月------------------------------------------- 受賞作品発表


応募資格 * 応募者は2010年11月30日現在の年齢が40歳以下(40歳含む)の方々に限らせていただきます。

デザイン、工学、建築、美術、工芸、工業デザインの専門学校または学部を卒業したプロのデザイナー 上記の専門学校または学部以外の出身で、デザイン分野で3年以上の実績を有するプロのデザイナーまたはエンジニア デザイン、工学、建築、美術、工芸、工業デザインなどの修士課程の最終学年に在籍する学生

エントリーフォーム、応募資料など、詳細は、以下の公式ウェブサイトをご覧ください。 応募はすべて、オンラインにて英・仏のみとさせていただいております旨、ご了承いただけますようお願い申し上げます。 本件の広報窓口はエルメスジャポン株式会社コミュニケーション部にて承りますが、 各自のエントリーにつきましては、ご応募者の方々に直接「エミール・エルメス賞」公式HPにて行っていただきます。 《http://www.prixemilehermes.com

|

« 編集ワークショップ補完計画(2) | トップページ | 古典の高峰『源氏物語』で遭難しないための「登頂ガイド」。 »

告知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547556/49645774

この記事へのトラックバック一覧です: エミール・エルメス賞2011:

« 編集ワークショップ補完計画(2) | トップページ | 古典の高峰『源氏物語』で遭難しないための「登頂ガイド」。 »