« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

非常用持ち出し袋の中の1冊

3月17日(木)の昼、Twitterに以下のような投稿をした。大規模な計画停電を回避するため、首都圏各所でいっそうの節電に努めていた頃だ。

こういう時、電子書籍では役に立たないので(電源ないんじゃさ…)、非常用持ち出し袋にどの本を入れるか検討ちう。机上の「無人島の1冊」より遙かに切実だ。その1冊に命/魂を救ってもらわなきゃならないんだから。皆さん、なにを持っていきますか?

以前、雑誌の読書特集などで「無人島に1冊持っていくとしたら」的な、あなたの1冊、というお題のアンケート記事をよく見かけた。さすがに企画として手垢がつきすぎたせいか、最近はあまり見なくなったが、現在のこの切迫した時期、自分も含めて本を読む者、書く者にとって、これほど切実な問いはないだろうと思ったからだ。

平日昼間だったにもかかわらず、瞬く間に40人近い方からリプライをいただいた。ブログでまとめてご紹介、と予告したので、第1弾を本日こちらで紹介。この後も、「だったら私はこれ」という1冊をお知らせいただければ、続編としてアップして行きたい。

ちなみに前のTweetに続くコメントは、

紙の本はこういう時いい。いざとなれば1冊くらい全部覚えてしまって(『華氏451度』的に)、焚き付けにでも保温材にでもよく揉んでトイレットペーパー 代わりにもできるし。だから私はトイレットペーパーの買い占めはしません。自宅にいる限り、一生ケツを拭いてもおつりが来るほど本があるもん。

…やっぱり(紙の)本ってスバらしい。



■非常用持ち出し袋の中の1冊【1】

その一冊、パッと思いついたのはヘッセの『シッダールタ』です。薄くてかさばらないし何度でも読める。

新川和江『わたしを束ねないで』ででしょうか。

ポケットに古い岩波文庫の『銀河鉄道の夜』、鞄に新書サイズの旧約聖書と『悲しき熱帯』を入れて神戸にある親の知人宅へ避難してきました。

非常用持ち出し袋の中の1冊は『アースワークス』(ライアル・ワトソン著、内田美恵 訳、ちくま文庫)か「万葉集」か悩むところです。

迷わず謡本。ただ当流は百番集を出してないし、宝生流は三冊必要だし、金春流は重いし、喜多・金剛は持ってないし。一冊となると観世流の百番集かな。ただし他の資料系はこの混乱が終わったらPDF化してiPadとサーバーに。今は大量の本を送るのは申し訳ない。

新潮文庫本の太宰治『グッドバイ』にします。理由は好きだからと、主人公の怪力&バイタリティにあやかりたい。

避難袋に一冊は、『シルバーバーチの霊訓12』と思っています。嫌がる人がいるかもしれませんが…

非常持ち出し袋の中の1冊かー。楽譜っつーか、いろんな歌の歌詞+コードが書いてある本あるじゃないですか。多分アレだなー。何も無くても歌は歌える。

柘植伊佐夫『龍馬デザイン。』を持っていきます。  これは「希望」です。  でも、揉みたくないな…

スタッズ・ターケルの『希望』ですかね。原題は〝Hope dies last〟。でも結局百科事典かも。

夏目漱石『我が輩は猫である』です。噛めば噛むほど味が出る最高のエンターテインメント小説だと思うゆえに。

一冊というなら、私は『徒然草』ですね(^_^) 一冊で励まされたり泣かされたり笑わされたり…という本はなかなかありません。安野光雅『算私語録』もいいかな。

ダニエル・バレンボイムとエドワード・サイードの対談集『音楽と社会』を持っていきたいです。ハードカバーですけれど、何度も何度も読みたい本なので

『聖書』一択です。キリスト教徒である私にとって、私の生命そのものなのです。

「非常用持ち出し袋の中の1冊」、儂は迷わず『虚無への供物』です。福島原発という人災も含めて、いまの日本人が、これからの日本人がいかに生きるべきかの示唆が溢れています。

アウレーリウス『自省録』(神谷美恵子訳)。

うちの子たちも親たちもここ数日『ONE PIECE』に没頭してます。どんなにボロボロになっても立ち上がってく姿に重なる…61冊はさすがに無理だけど! 被災者にこそ必要だよなぁ、と、紙の書籍のありがたみを感じていたところです( ^ ^ )

月並み(?)かもしれませんが『ザ・シークレット』を持って行きたいです。がんになった時に「読んで」と尊敬する方から贈っていただき、とても救われました。何度も読みたい本です(当時は3年後の今、まだ元気で生きているなんて想像もできませんでした。笑)。

私なら筒井康隆『愛のひだりがわ』を持って行きます。困難に立ち向かう少女のお話。むかし、強く勇気付けられたので。

普段なら『万葉集』(一冊じゃねぇ…)と言うところですが、今なら復興への希望と世界との繋がりを感じられる梨木香歩『村田エフェンディ滞土録』を。「ディスケ・ガウデーレ!(楽しむことを学べ!)」

僕は丸山眞男『日本の思想』かなぁ。どうしようもなく愚劣なので、最期まで教養の高潔を信じたい。薄くて軽いし。

非日常の中で読むなら翻訳文学のほうがよいと思うので、リチャード・ブローディガン『西瓜糖の日々』を。ちょっと短いかな。

僕なら坂口安吾の『堕落論』です!

歌集 正岡豊『四月の魚』(まろうど社)−絶版−を、持ち出す一冊にします、自分の場合。

私は『菜根譚』を持って行きます。無人島の一冊に。

僕は茨木のり子の『自分の感受性くらい』を持って行きます。この一冊に何度ケツを叩かれたか分かりません。

いまこそレイチェル・カーソンというなほどうでしょう?二冊になっちゃいますが。

僕は『アフリカの日々』を持ち歩いてるよ、今も。

村上さんの『遠い太鼓』か『うずまき猫のみつけかた』、武田百合子さんの『犬が星見た』を推薦します。

やっぱり『鳳翔』かのう

では参戦wオルテガ『大衆の反逆』ですかね...日常でも、おそらく非日常でも、現在の生活、考え方に対してドキッとさせられる記述が。

山之口貘さんがオススメです。

アルボムッレ・スマナサーラ長老の著作のうちどれか一冊をチョイスして、悟りを開く事に挑戦します。余裕があれば、先ほどの一冊に加えてスラダン8巻を持っていきます。

『アルケミスト』

現在仕事的には『The Story of Graphic Design』ですが、『東方中国語辞典』を持って行くかもしれません。勉強してれば時間が潰せるし、偉い人の言葉がたくさんつまってそうだからです。

谷川俊太郎の詩集か、あえて内田百ケンかな

『生きるとき大切なこと─司馬遼太郎さんの想いを継ぐ21のメッセージ』持って行きます。  あと古典落語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »