書籍・雑誌

徳川くんと細川さん。

小学館の『和樂』では「殿」担当を務めている、腰元ハシモトである(おお脚韻も踏んでるし、いい感じ)。別に「アレ、ご無体な」「いいではないか、いいではないか」という話ではなく、なぜか大名家系連載を担当することが続いているという意味なのだが。

2008年1月号から15回にわたって連載した「大人の女性のための日本文化塾」は、〝「細川家」で知る、日本の美と知の遺産〟として、茶道具から武具甲冑、書画、洋画まで、細川家→永青文所蔵の名品を、専門家の解説+現当主・細川護煕氏のコメントと共に紹介した。

そして2010年1月号から始まったのが、水戸開藩400年記念「水戸徳川家の美と知と心」である(なんかタイトル似てますが…)。こちらは御三家、天下の副将軍・水戸光圀公で有名な水戸徳川家の所蔵品(彰考館 徳川博物館)がテーマ。初回スペシャルに続き、2月号では茶道具をテーマに、名物中の名物「新田肩衝」を舐めるようにご紹介している(2010年1月12日発売予定)。

ちなみに「新田」は楢柴肩衝、初花肩衝と共に天下三肩衝と呼ばれた茶器のひとつ。村田珠光から三好政長、織田信長、明智光秀、大友宗麟、豊臣秀吉と戦国大名の間を渡り歩き、大坂夏の陣で落城した大坂城の焼け跡から救い出されて徳川家康の元へ。その後、家康の11男・頼房(よりふさ・水戸徳川家初代)に譲られ、今日まで水戸徳川家に伝わっている家宝である。

それはともかく、細川護煕氏に取材でさまざまに伺ったお話の中に、軽井沢の別荘が何度か登場した。護煕氏の祖父護立(もりたつ)侯が建てた別荘で、敷地は3万5千坪という広大なもの(当時)。まだ軽井沢が別荘地として拓かれはじめた黎明期で、現在のように樹木も生い茂っておらず、薄野原にぽつぽつ木が生えている状態だったという。

その薄野原に、護立侯は友人の「徳川さん」と訪れ、互いにステッキを投げて「ステッキから向こうは細川家、こっちは徳川家」という、タイヘンに大らかなというか、ノーブルな方法で敷地をお決めになったそうだ。

この時同行された「徳川さん」が、徳川宗家か御三家(+徳川慶喜家以外、「徳川」姓はいない)のどちらかは伺わなかった。そのまますっかり忘れていたのだが、水戸徳川家の新連載が始まり、12月20日に連載第3回の取材で水戸に伺い、こちらの現当主、斉正(なりまさ)氏にお話をお聞きしていたとき、ふとしたきっかけで話が「水戸徳川家の軽井沢の別荘」に及んだ。

はて、どこかで聞いたような。

おおそーだそーだ護立侯のステッキ投げの話だ、と伺ってみたところ、まさにどんぴしゃ。斉正氏の祖父にあたる圀順(くにゆき)公が護立侯と薄野原でステッキを投げ合ったのだと判明したのである。

その後、相続のために敷地をきちんと測量し直さなければならなかったのだが、「あの樅の木から白樺の木まで」的な取り決めを確認する樅も白樺も既になく、両家の間でいろいろ苦労があったようだ。

細川家の別荘は規模を縮小して現在も存続しているが、水戸徳川家の別荘は田中角栄氏が購入、現在は財団法人「田中角栄記念館」の分館になっている(木造2階建、約500平方メートル。大正期に軽井沢の別荘建築を多数手掛けた「あめりか屋」による)。副将軍から闇将軍へ。ともあれ旧水戸徳川家別荘は国の登録有形文化財の指定を受け、現在一般公開が検討されているという。

ちなみに2010年4月20日から、東京国立博物館で特別展「細川家の至宝−珠玉の永青文庫コレクション−が開催される。東博、京博、九博と国立3館を巡回する大規模展。なにやら細川氏と某人気マンガ家との対談が企画されているとも聞き及んでいる。情報解禁になり次第、告知していくのでフォローよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日新聞出版 『allora』第2号 特集 「飾る」京都、「侘び」の京都

Allora02_2




京都には──そして日本には
どちらか一方だけでは成立し得ない
2種類の美意識の系譜がある。
削ぎ落とし、控え、隠す「侘び」と、
色彩、意匠、光を加え尽くす「飾り」。
この両輪の美をコントロールした千利休、
長谷川等伯、伊藤若冲らを手がかりに
冬こそ、の京都を楽しみ尽くす。
(『allora』2号特集総トビラより)

朝日新聞出版の新創刊女性誌『allora』2号が、12月7日(月)発売になります。特集は「飾る」京都、「侘び」の京都、というわけで、京都特集。

Tobira2 Tobira1_2
大徳寺高桐院(特集内の写真はすべて阿部浩氏)

あまた京都特集を謳う雑誌がある中で、『allora』では京都の寺社や離宮を訪ねる時のキーワードとして、「飾り」と「侘び」で分けてみた。日本の美だ の伝統だのを語るとき、思考停止した書き手ほど安易にワビサビと言いたがるものだが、「日本」や「京都」はそれほど単純にできてはいない。

ブルーノ・タウトは一方を激賞して一方を罵倒したけれど、桂離宮があれば、反対方向に日光東照宮あってこそ、の「日本」なのだ。

Seihoji
深草・石峰寺の敷地内に置かれた石仏群。伊藤若冲が晩年、自らデザインし、寄進したもの。同時代の絵師、円山応挙も見学に来たことがわかっている。

それに私たちはまだ、「飾る」ことと「侘びる」ことを、多くの点で誤解している。わかりやすい進歩史観的な視点に立てば、単純なものが複雑化していく、つ まり「侘び」→「飾り」と考えがちだけれども、実際は人間を超えたものへの畏怖や崇敬を表現する、どちらかといえばプリミティブな様態としての「飾り」の 後で、削ぎ落とし磨き洗練させていく「侘び」が出現する。

より過激な書き方を選ぶなら、「侘び」は人為の限りを尽くした、「飾り」の最終形態とも言える。千利休の茶室が小さく簡素に見えるからといって、カンタン にできると思っていたら足下をすくわれる。簡素に見せるためにかけた手数(てかず)の多さは、あのゴテゴテ東照宮にさえ負けていない──と考えるべきなの だ。

Jissoin2_2
実相院名物、「床みどり」。磨き込まれた床に屋外の滴るような緑が映り込む。秋には真紅の「床もみじ」が堪能できるが、雪の降った日にのみ見ることのできる、凍った湖面のような景色も美しい。

Jissoin
実相院内の襖絵。狩野派の絵師の手によるものだが、部分的にしか名前がわかっていない。この鶴図はアノニマスだが、非常によく描けている。必見。

そういう意味で、この特集では桂離宮を「侘び」部門にフィーチャーしているけれど、あれは究極の「飾り」系建築だよね、というのが、今回特集冒頭でわかり やすく「侘び&飾り」論を解説して下さった、茶人であり日本美術史家でもある千宗屋氏とお話ししての結論だ。いつか桂離宮/東照宮問題を本気で取り上げた いですね、と千さん。いいですねえ。楽しみ。

そんなこんなで、特集では桂離宮、大徳寺高桐院、仁和寺遼廊亭、妙心寺龍泉庵、正伝寺、実相院、園城寺勧学院、細見美術館、角屋などをご紹介。2010年 1月9日〜3月22日までの、文化財の「冬の特別公開」情報や、ご紹介した寺社の近くの美食情報、お土産物なども併せて掲載している。

寒いといえば寒いけれど、人も少なく京都が素顔を見せる冬こそ、旅のベストシーズンとも言える(食べものが一番美味しいのも冬だし)。ぜひ書店でお買い求めの上、旅を組み立てる際の参考にしていただきたい。

『allora』をamazonで購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)